« ひさしぶりのいろ | トップページ | 生田緑地ばら苑へ行く! »

2007年11月 4日 (日)

なのにワタシは京都へゆくの

11月3日。
文化の日。かつての明治節スナワチ明治天皇の誕生日。
調べてみたら手塚治虫もさいとうたかをも神取忍も、
この日が誕生日らしい。
そしてワタシの父も...。

そんな「晴れの特異日」の夜明け前、
ワタシはひとり家を出て電車に揺られた。

乗り継ぎ数度、約3時間後にワタシがたどり着いたのは
ココ。

071103azuchi00
駅前のレンタルサイクルは4時間で1000円だった

...と言っても殆どのヒトはわからないだろうから
別の写真を...ココ!

071103azuchi04
去年の秋から有料になった。約400年ぶりに門番出動!

...やはりだれもわからないだろうなあ...

ココは滋賀県、琵琶湖の東南、安土城址なのだ。
20年計画の発掘・整備が始まって今年で19年め。
発掘調査としてはおそらく最後であろう(?)現地説明会がこの日、開かれたのだった。

0071103azuchihakkutu02
発掘始めて以来「最もマトモなカタチで出てきた」という石段

集まったのは300人近い「マニアックな若者たち」と「オヤヂ」そして地元のヒトビト。
関西弁が飛び交っているが、きっとワタシのようなヨソモノも混ざっていたに違いない...

今回は百々橋口〜大手口にかけての山麓部分の再調査。
・西南の突端付近で新たな虎口発見
・その付近の再評価の結果、城域はそれまで考えられていた「麓の石垣まで」ではなく
その先の平坦地も含めた「堀まで」と考えられる。従って「大手前の広場」は「城内」だったと思われる
というのが今回の主旨。
...ココの読者の99.9パーセントには興味のない話題だ...!
ホントはもーちょい小ネタがあるのだが、
それはまた別の場で...

約1時間半の説明会が終わると、そそくさと現場写真を撮って、いつもなら山の上まで行ってぼーっとするのがタノシミなのに今年はそれもせず、あわただしく駅に戻った。
駅で買った切符は、帰りの切符ではなく「京都行き」。
東海道線で1時間弱。片道740円。
ついにワタシは「秋の京都」に降り立った。

帰りが混みそうで不安だったので、
まずは帰りの電車の指定券を買ってから、
まさに発車しようとしていたバスに飛び乗り、
三十三間堂/博物館前で降りる。
ちょうど午後2時ぐらいか。

「久しぶりに三十三間堂行こうかな」とも思ったが、
博物館から「ただ今の時間、百分待ちとなってオリマス」
との声が聞こえた。
コレは早めに入らないと帰れなくなるかも!
と、まっすぐ博物館(京都国立博物館)へ。

ここではいま「狩野永徳展」をやっている。
京都のみでの開催なので、
『ナマ永徳』オールスターズを一度に見られる機会はもうないかもしれない。
しかも「新発見」の屏風と云うオマケつき。

一応、ワタシの中では「安土で城あとを見て、京都でその城を飾った絵師の作品を見る」という連続したテーマにはなっているのだ。
安土の天主に描かれたのと同一モチーフの作品もあるし、永徳筆「織田信長像」も展示されている。

071103kyouhaku01

ナゼか真夏のようなギラギラした陽射しの中、
およそ110分待ってようやく入場。

「上杉本洛中洛外図屏風」
「檜図屏風」
「許由巣父(きょゆう・そうほ)図」
などなど、一度は現物を見たいと思ってたモノたちに出会えて至福の時。
「唐獅子図屏風」は思ってたよりもずっと圧倒的でしばし動けず。
いいなあ、エイトク!

他の狩野派の絵師の作品とかも展示してあるので、
筆勢(=ウデ)や品格の違いが、ワタシみたいなヤツでもよくわかる。
ついでに永徳自身の変化の様も。
京都まで足を伸ばした甲斐があったぜっ♪
(帰りの運賃は安土からと変わらないのだ!)

...だが、会場を出た頃には既に夕闇が...!
電車の出発まで約1時間あまり...。
直前になって急に「そうだ、京都 行こう!
と思い立ったので、事前のチェックもしてないから
「夕方でも楽しめる京都」の見当がつかない!

途方に暮れるワタシの目に入って来たのは
「餃子の王将」の看板。

「京都は『餃子の王将』の本場だからさぁ..行くのがたのしみなんだよねぇー」
とかつてあの団塊「ラーメン&スーパーの食品巡り好き」オヤヂが京都出張を前に目を輝かしていた姿が浮かんで来た...


こうしてワタシは、京都で展覧会だけ見て全国チェーンのお店で餃子喰って帰るという痛恨の旅を終えたのであった....おみやげも生八つ橋(秋限定・渋皮栗バージョン)だし...!

071103tree
京都駅ではクリスマスのイルミネーションが...
あれ?立体感がないなあ...???


        **********

ステレオ写真の見方がわかんない&うまく見れない人は
左の「カテゴリー」のいちばん上、
「ステレオ写真の見かた」をチェック!
説明をココロミてます!
ゼッタイ立体で見たほうが楽しいです!


[ランキングサイト]
クリックして頂ければサイワイです...

3つのバナーをそれぞれぷちっ..を日課に!
.....あ、いやあの...気が向いたら...どれか1コでも..
ついでにコメントも是非!

押してくれた方、ホントにありがとうございます!!
いつも心から感謝してます!m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ひさしぶりのいろ | トップページ | 生田緑地ばら苑へ行く! »

コメント

オチがまたうけました!
さすがはHirokazu流の「そうだ京都へ行こう」だな~と思いました。
だって王将だなんて(゜o゜)
ただ、その小さな文字で遠慮がちに書いてあった99.9パーセントの方が興味がないであろうと思われる記事も、
実はひも解いていくと興味が湧いてきそうな
マニアックさをわたしも内に秘めてるのです。。。(影響されやすいとも言う)

投稿: nayamom | 2007年11月 4日 (日) 22時17分

nayamomサン;

だらだらと長くなっちゃったのに読んでくれてアリガトウ!

やはりワタシのキャラでは「京都のかくれ名店」とか
「老舗で」とかは縁がないと云うかなんと云うか...

安土の発掘説明会は面白いですよ!
毎回新たな視点を示唆してくれます。
発掘終わっちゃうのが残念でたまらない!!

投稿: Hirokazu | 2007年11月 4日 (日) 22時47分

いつもいろんなところに出没しますね~。笑

石段の写真がステキ!
昔ここにホントにお城があったんだなあと、ワクワクしますね。

化石を見ても壁画を見ても、私はいつも「スゲェ!」と感動してるだけなんだけど、Hirokazuさんはとても博学で、思いっきり尊敬しちゃいます。

投稿: violetta | 2007年11月 5日 (月) 23時03分

まっ!関西にお越しで?
グローバルですなぁ(*´∀`*)

餃子はやっぱ京都王将ですよね!
大阪には、大阪王将と京都王将のお店が
点在してて、私の実家の近くでは道を
挟んだ真向かいに2店舗が競っております。
餃子を食べるなら京都王将。
から揚げ食べるなら大阪王将。
使い分けでございます♪

安土って行った事ない。
今度行ってみよう♪

投稿: まさん | 2007年11月 6日 (火) 00時14分

violettaサン;

博学なんてとんでもない!
いっつもviolettaさんのトコで
「初めて知った!」「知らなかった!」って言ってるでしょ?
・・・でも、発掘や遺跡を見るのはホントに楽しいです!
400年前のヒトが見たのと同じものを見てるんだなぁ..とか思うとウレシくなっちゃう♪


まさん;

ちゃんと観光したかったよぉー!!

王将、ウチに帰ってからツマに「ニンニクくさい!」
と言われました...新幹線の中でヒンシュクだったかも...!

大阪王将はから揚げですか!
フムフム、今度見つけたら喰ってみます♪

投稿: Hirokazu | 2007年11月 6日 (火) 02時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/94018/8751176

この記事へのトラックバック一覧です: なのにワタシは京都へゆくの:

« ひさしぶりのいろ | トップページ | 生田緑地ばら苑へ行く! »