« ローゼフローラ | トップページ | スミレモヤシ餃子 »

2008年3月 6日 (木)

少女マンガパワー!展

川崎市民ミュージアムでやってる
「少女マンガパワー!― つよく・やさしく・うつくしく ―」
を観て来た。

殆どが原画の複製(ダッシュ)なのだが、
フツーに見る限りは現物と見分けがつかない。
もちろん、ベタの部分とかのテカリは再現出来ないので、
生原稿のナマナマしさとはビミョーにちがうけど。

おやぢひとりで行くのは不安だったので、
ツマにつきそってもらった。
わたしとツマのふたりが共通して「おおっ!」となったのは、
「百鬼夜行抄」の今市子の画集予約特典だったという「尾白&尾黒フィギュア」。
「全プレだったのか...しまったぁー!」と
ふたりして(?)ワナワナしてたのであった。

ココに会場風景やら「水野英子マンガを描く」の動画もあり。

萩尾望都も吉田秋生もCLAMPもウレシかったし、
手塚治虫やちばてつやも想像以上に美しかったが、
いちばんうれしかったのは石ノ森章太郎の展示が
「龍神沼」だったコト。
リンク先で「立ち読み」できるらしい。ワタシはmacなのでできない!!

文庫版でしか読んでなかったので、
原稿の大きさにまず感動。
大きいサイズで見るとコマそれぞれの魅力が倍増する。
さらに、アミ指定と思われる青鉛筆の塗りの丁寧さに新鮮なオドロキ。
そして描線の美しさにしばし陶然...
この頃の石森(ワタシの好きなのは『石ノ森章太郎』じゃなくて『石森章太郎』だ!ってヒトは多いんではないだろうか)はホントにいいなあ..!

大友克洋「龍神沼」を語る
これはけっこうワタシの思いに近い!

ちなみに売店のグッズもなかなかソソるモノがあった...
悩んだ挙げ句、買わなかったけど^^

  ***写真がないと淋しいので...***

080305mishouv

実生ヴィオラ(パンジー?)、咲いた!
ゴルゴも「汚れたコート」をクリーニングして
ちょっとだけキレイになった!
・・・が、花にのっかったゴミを片付け忘れた!!


        **********

ステレオ写真の見方がわかんない&うまく見れない人は
左の「カテゴリー」のいちばん上、
「ステレオ写真の見かた」をチェック!
説明をココロミてます!
ゼッタイ立体で見たほうが楽しいです!


[ランキングサイト]
クリックして頂ければサイワイです...

3つのバナーをそれぞれぷちっ..を日課に!
.....あ、いやあの...気が向いたら...どれか1コでも..
ついでにコメントも是非!


ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ローゼフローラ | トップページ | スミレモヤシ餃子 »

コメント

少女マンガパワー展っていうタイトルがなんだか凄いshine
会社でもマンガの話題になると、なかよし派かリボン派かにわかれるだなんだって熱くなります。

原画といえば、幼少の頃、実家の近所がタツノコプロダクションがあり、そこに見学に行って初めて触れた原画に感動したのを思い出します。
タツノコプロですよぉ~
いいでしょ~

投稿: nayamom | 2008年3月 7日 (金) 00時37分

nayamomサン;

子供の頃はなかよし派だったかな...

タツノコ...
ワタシだって...えーと...あっ!
ワタシだって手塚家に行ったコトがある!
ガレージの中だけだけど...(なんのこっちゃ?)

投稿: Hirokazu | 2008年3月 7日 (金) 00時49分

えーーーーー

リボン派・・・・・だったよ wobbly


ワタシだって...えーと...あっ!

何もないっ sweat01

投稿: asa | 2008年3月 7日 (金) 01時07分

asaサン;

...実はマーガレット/少コミあたりのほうが多かったかな...
ベルばら世代なもんで...^^;;
そのあとプチフラワーに...って、時代を感じるなあ!

投稿: Hirokazu | 2008年3月 7日 (金) 01時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/94018/10993118

この記事へのトラックバック一覧です: 少女マンガパワー!展:

» 今 市子とは [今 市子fan]
今 市子(いま いちこ)さんは、富山県出身の漫画家。1993年に「コミックイマージュ(白夜書房)」にてデビュー。デビュー作は「マイ・ビューティフル・グリーンパレス」。代表作に「百鬼夜行抄」…... [続きを読む]

受信: 2008年3月27日 (木) 05時59分

« ローゼフローラ | トップページ | スミレモヤシ餃子 »