« 大船フラワーセンターとウチのバラ その1 | トップページ | 冬っぽい花 »

2009年5月17日 (日)

大船フラワーセンターとウチのバラ その2

黒真珠、散る直前の姿。

090512kuroshinju

この写真を撮ったすぐあと、
花びらを一気にふぁささっ...と落とした。
開花からほぼ10日、ずっと一定のレベルを維持した上での潔い散り方。見事である。
ワタシは黒真珠のファンになってしまったのであった。

それはさておき。

090513tenkou01

これも

090513tenkou02

これも

090513tenkou03

これも みーんなウチの国色天香の花である。

090513tenkou00

ひとつの木なのに真紅とピンク、花のカタチもまるで別モノ。
なかなかヒトスジナワではいかないヤツである。

国色天香がグルス・アン・テプリッツ(和名:日光)と同一かも、というハナシは前に書いたままほったらかしになってるが、大船のフラワーセンターにはグルス・アン・テプリッツが咲き誇っていた。

090513gant

コンディションが違いすぎるので比較にならないが、
うーん...同じなのかなあ...???

香りは...似てる気もしたけど...
ワタシの香り記憶力は「3歩あるけば忘れる」以下なのである。
やはり一緒に育ててみないと比べられない!!

フラワーセンターには「ダマスク系」だの「ブルボン系」だのといった系統ごとに何本かまとめて紹介してるコーナーもあって、嗅ぎ比べには便利である。

090513plate コレはステレオじゃありません

090513rose_de_mai

ローズ ド メイ。「ダマスク系」と書いてあるので
どれどれ...と嗅いでみる。
ふむふむ。

090513moss

名前わかんなくなっちゃったが、「モス系」の香りも
...ふむふむ。

090513variegata_di_bologna

ムラサキのは「ガリカ系」(カージナル ドゥ リシェール?)
斑入りのは「ブルボン系」(バリエガータ ディ ボローニア)
...ふむふむふむふむ。

・・・ダメだ!違いがコトバに表せない!!
ひとつの香りを嗅ぐと、もう前の香りはどんなだったか思い出せないのである。
もっともっと修行が必要だなあ...!

 
  
        **********

ステレオ写真の見方がわかんない&うまく見れない人は
左の「カテゴリー」のいちばん上、
「ステレオ写真の見かた」をチェック!
説明をココロミてます!
ゼッタイ立体で見たほうが楽しいです!


[ランキングサイト]クリックして頂ければサイワイです...

 ブログランキング・にほんブログ村へ

  3つのバナーをそれぞれぷちっ..を日課に!
  .....あ、いやあの...気が向いたら...どれか1コでも...
  コメントだけでもウレシイ!

 押してくれてる方、ホントにありがとうございます!!
 いつも心から感謝してます!m(_ _)m
 

 *あんまりビジネスライクなトラックバックは
こちらのシュミで勝手に削除しちゃいます。あしからず。

|

« 大船フラワーセンターとウチのバラ その1 | トップページ | 冬っぽい花 »

コメント

一気にふぁさ~っと散る薔薇もあるんですね、
妖艶なその色やドレスの裾のような花びらも魅力ですが
散り方の格好良さにうなっちゃいます。

今日はかなり強い雨風ですが
文学系美青年Hirokazuさんの豪邸のお花さん達は無事だったでしょうか?
風に揺れる木々を見ながら
私もぼんやり花の心配をしておりました。

投稿: さくらん | 2009年5月17日 (日) 23時45分

うちでも風が強いなーと思ったくらいですから、風の谷Hirokazu邸はもっとすごかったのでは?

国色天香のバリエーションが面白いっ!
これだから、咲くのが毎回楽しいですよねー

大船フラワーセンターがなかなか素敵なトコロのようなので、行ってみたいなーと思いGoogleマップで見てみたら、遠い! 神奈川だったの! 鎌倉のお隣なのっ!?
と愕然としました。
なんて地理に疎いんだろう、私ってば(笑)。
大船駅は何回も通過したことがあったのに、距離のことはすっかり忘れてました。

しかも、去年もそんなこと思ったような気がしなくもない…。

投稿: もも | 2009年5月18日 (月) 00時34分

さくらんサン;

いま出張先なのですが、ツマによると
ハナミズキと夾竹桃とカメベランダの幾つかが倒れ、
外に出してた月下美人の長ーく伸びた茎?が折れたそうです。
台風の時よりヒドい被害だ!!

黒真珠は音を立てて一瞬にして散っていきました。
なんかドラマの象徴シーンみたい!


ももサン;

「その1」の返事も書いてないのにコメントいただいちゃってスイマセン!!

大船、遠いですかぁ?
東京駅から1時間かからないんだけどなあ
しかし、フラワーセンターは駅からさらにちょっと歩かねばなりません!
(でも遠足だかなんだかで小学校から歩いていったコトもあったかな...)
古い公立の施設なので派手さはないけど、「お弁当持ってくればよかったぁ」っていう気分にはなれますョ

投稿: Hirokazu | 2009年5月18日 (月) 01時33分

コメントありがとうございます。エリザベートやルートビッヒ二世御存じと知り、うれしいです。この二人は永遠に私の憧れです。

投稿: クリーミーメグ | 2009年5月18日 (月) 14時16分

クリーミーメグさん;

ミュージカルの影響か、エリザベートファンは多いのですが、ルートヴィッヒのほうはいまいちマイナーでしょうか^^
ワタシは「お城」の本から入って鴎外、ヴィスコンティ..といった流れをたどっていきました。

投稿: Hirokazu | 2009年5月19日 (火) 06時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大船フラワーセンターとウチのバラ その2:

« 大船フラワーセンターとウチのバラ その1 | トップページ | 冬っぽい花 »