« 湖国のHirokazuその6:手形篇(今日は薔薇もあるのだ) | トップページ | 湖国のHirokazu:ようやく最終回 »

2009年10月25日 (日)

湖国のHirokazuその7:落日篇

コドモの頃から「お城好き」を公言しているワタシ。
この地への出張が決まった時に真っ先に浮かんだのも勿論ソレであった。

なにしろココは秀吉が初めて築いた城である。

091013mogitenshu

が。
いまその遺構は皆無。
この「天守閣」だって史実とは関係ない新デザインの鉄筋コンクリート模擬天守/中は博物館である。
そう思うとイマイチ意気込みに欠けるモノがあって、
他のトコを先に廻ってたら結局一度も中に入れずじまい。

しかし、「なんちゃって天守」さえも愛おしいワタシは
朝な夕なにこの「天守閣」の周りをうろついていたのであった。

ちなみに上の写真は早朝、日の出の直後。
夜にはこんなカンジである。↓

091004yoru

だいたい夕暮れ時にココへ来るコトが多かったのだが、
ちょうど琵琶湖の東岸なので湖ごしの夕陽なんぞを毎回眺めてたのであった。

091012yuuhi

岸辺には数少ない遺構のひとつ「太閤井戸」と呼ばれる井戸の跡があるのだが、コレは渇水時以外は水没している。

091012ido

これではなにがなんだかわからないので早朝撮ったヤツを…

091013idoato

・・・うーん、やっぱり水没しててわかんないのであった。

夕方、ちょっと離れたトコから。

091012osiro

この時間あたりからカップルの姿が俄然増えてくる。
それはまあいいとして、
遠くを望めば、ソコには国宝・彦根城も見えたのであった。

091012hikonejou

といっても、肉眼では「なんか天守っぽい!」ぐらいでホトンドわからないのだけどネ。

ちなみにココ(長浜城跡の公園)にはサルが飼われていた。

091013saru
コレはステレオじゃありません。

秀吉にひっかけてるのであろーか?
それにしてもサルはいつも思索的なまなざしである。

秀吉といえば、宿のすぐそばにあった「豊国神社」。

091009toyokuni
ケータイで撮ったら色がとってもヘン!

「豊国神社」の読み方は「とよくに」と「ほうこく」それぞれあるが、ココは「ほうこく」と読むのが正しいようだ。

ココは、江戸時代は秀吉を祀るコトが禁じられてた為に
表向きは恵比寿神社というコトにして、
カゲでこっそり秀吉をお祀りしていたそうである。
「隠れキリシタン」ならぬ「隠れトヨトミアン」というワケか。
サル共々、秀吉好きな土地のようである。

 
・・・というワケで、いよいよ次回で湖国篇終了。
(まだあんのかよ!という声が聞こえる…)
  
   

**********

ステレオ写真の見方がわかんない&うまく見れない人は
左の「カテゴリー」のいちばん上、
「ステレオ写真の見かた」をチェック!
説明をココロミてます!
ゼッタイ立体で見たほうが楽しいです!


[ランキングサイト]クリックして頂ければサイワイです...

ブログランキング・にほんブログ村へ

3つのバナーをそれぞれぷちっ..を日課に!
.....あ、いやあの...気が向いたら...どれか1コでも...
コメントだけでもウレシイ!

押してくれてる方、ホントにありがとうございます!!
いつも心から感謝してます!m(_ _)m
 

*あんまりビジネスライクなトラックバックは
こちらのシュミで勝手に削除しちゃいます。あしからず。

|

« 湖国のHirokazuその6:手形篇(今日は薔薇もあるのだ) | トップページ | 湖国のHirokazu:ようやく最終回 »

コメント

え~~!?
このお城、昔からのじゃないのですか!?
ガッカリ・・・

そういえば先日、
「江戸城ってまだあるの?」と父に聞いて
呆れられた わたくしで御座います(^^;

だって~~!天守閣が無ければ解らないものsweat01

投稿: ROUGE | 2009年10月25日 (日) 11時41分

まさに日本の美しい景色…といった風情ですのね。
湖面のようなざわめきを心に覚えましたわ。美しいものは心の琴線を震わせますの。
黄昏色の景色は、光の色も光の描く帯も、えもいわれぬ美しさを称えていますわ。

それだけでは飽き足らず、お城のために早朝からお出かけなさいましたの?
素晴らしい行動力をお持ちですのね。
朝日に浮かぶ城は、凛々しさが際立っていますわ。
お出かけになった甲斐がありましたわね。

…慣れない言葉は疲れるわー。coldsweats01
ちょっと遊んでみたかったのです。
(ヒトのブログでかっ!)

投稿: もも | 2009年10月25日 (日) 23時44分

ROUGEサン;

いまの「天守閣」は『昭和58年(1983)に市民の熱意と寄付金などで建設』(歴史博物館のHPより)されたモノだそうですから、もう四半世紀以上を経てるんですね。
安土城に天主があったのが4年足らずだったのを思えば、立派なもんですhappy01

でもちょっと…デザインがねぇ…sweat02


ももサン;

ももサンもshineセレぶり隊shineに!?
あーびっくりしたcoldsweats01

えーまあ早朝からといってもホテルから徒歩5分ぐらいのトコですからsweat01
(どーも最近イイワケが多いなあ…予想はしてたけど ^^)

投稿: Hirokazu | 2009年10月26日 (月) 00時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/94018/31929447

この記事へのトラックバック一覧です: 湖国のHirokazuその7:落日篇:

« 湖国のHirokazuその6:手形篇(今日は薔薇もあるのだ) | トップページ | 湖国のHirokazu:ようやく最終回 »